引き直し計算と過払い

借金がかさみ、多重債務を抱えて返済に苦しんでおられるのであれば、一人で悩まずに早めに専門家に相談されることをおすすめします。今の法制度であれば、借金の問題は必ず解決できます。 借金を返済できるように整理し、借金苦から解放されるための手続を債務整理といいます。債務整理は、弁護士や司法書士に頼んで行います。 債務整理には、以下のような種類があります。 ・自己整理 ・任意整理 ・特定調停 ・個人民事再生 ・自己破産 法律家に債務整理を頼むと、利息制限法引き直し計算という計算を行うことがあります。 利息制限法引き直し計算は、貸主と借主の間で行われた消費賃貸借契約の取引を、利息制限法の利率で計算し直し、利息のうち、利息制限法を越える部分を元本の返済に充てていく計算のことです。 約定利率(貸金業者と契約した利率)が高ければ高いほど、また取引が長ければ長いほど、借金額が減ります。この計算で過払い金が発生していることがわかったら、業者に返還請求をすることになります。

では、弁護士と司法書士に依頼するのでは、どう違うのでしょうか。債務整理の方法によっては、どちらに頼んでもかまわない場合と、弁護士と司法書士とで は扱うことができる業務の内容が違っている場合とがあります。

自分がどの債務整理方法に適しているかは、法律の素人に判断することは難しいものです。信頼の置ける法律家のつてがあれば、紹介してもらうのが一番ですが、それがない場合は、まずは地方自治体の無料法律相談や、法テラス(日本司法支援センター)に電話をかけるのがよいでしょう。

Copyright © 2014 引き直し計算をすると過払い金があるかわかる All Rights Reserved.